さば寿司

京都は新鮮な魚を手にするには海から遠すぎて、若狭湾の魚を一塩をして運ばなければならなかった歴史が鯖寿司を生み出しました。
塩鯖にすることによって引き出された旨みと近江米の寿司飯の絶妙の取り合わせをお楽しみください。
京都の祭りには欠かせない鯖寿司。やすらい祭り
(4月第2日曜日)
には大量のご注文をいただきます。

断面写真  左(大) 右(小)
勝手ながらこの商品は宅配区域を限定させて頂いております。詳しくはこちらから


 鯖ビアーン
美味しいもの勝手に評価
※ご注文個数をご選択頂いた後、購入ボタンを押してください。
※お送りするさば寿司は切ってありません
さば寿司(大)
\3,675
(税込み) 
さば寿司(小)
\1,890
(税込み) 
特選さば寿司
ほとんど獲れない1.5キロ以上の鯖を使用。お寿司の総重量約900グラム(4〜5人前)。安定した入荷は望めませんのでお早めのご予約をお願い致します。予約販売のみですので店舗へご来店のお客様は3日前までにご連絡下さい。

\8,400(税込み)

上から さば寿司小・さば寿司・特選さば寿司 1升瓶との比較。全長は1升瓶より長いんです。

                                        ご到着日中にお召し上がりください。


 
  鮮度抜群の鯖です。冬季は生鯖と塩鯖・夏期は塩鯖を使います  
  まんべんなく強めの塩を振ります。思ったより沢山の塩でしょう?  
 
 
 
塩鯖を特製の合わせ酢に浸け、数時間酢に浸けた後 取り出し一晩冷蔵庫で寝かします
 


       

鯖と寿司飯をサラシとまきすをつかって形を整え白板昆布を載せます。
 

       

切らずにそのまま竹の皮で包みます。切り口から乾燥を防ぐためです。包装紙をかけて出来上がり。
 


お祭りの時などは引っ張りだこです。当店の近くの今宮神社のお祭り(「やすらい祭り」:4月の第2日曜)には、大量のご注文をいただく、京都の風物詩のひとつです。ぜひ一度お試しください。
商品到着日にお召し上がりください。